SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/04/16(月)   CATEGORY: マクロス系
ハウトウビルドSV-52γオリョール
電撃ホビーマガジンでそうたさんとタッグで挑んだSV-52γオリョール。
そうたさんとのやり取りのメール画像を発掘してみました。
たいへんすぎるのでやる人いないと思うけど。
基本的には長谷川のSV-51γをばらして人型に組み立てなおかつ52に改造するといったもんですが。
もとのキットはこれ。
100000001000412594_10204.jpg

110707_233951.jpg
とりあえず胴体部分をばらしてくんだ状態。変形方法も悩んでます。
110709_191747.jpg
足まで生やした状態。飛行状態にアレンジされたキットなのでももの回転はオミットしてます。
110709_191914.jpg
変形後のパーツでないものが出てくるのでいろいろ思案してますね。足接続のアームはブキヤもMSG。
110710_101518.jpg
腕仮設で付けてます。このあとに25のものを内蔵するように。
110710_201928.jpg
後ろから。仮設で適当な関節入れてます。ABSのパーツが入ったり。切断は超音波カッターが活躍。あたまはHGUCのザクが載ってます。
110711_224918.jpg
羽根の接続やらいろいろ悩んでますね。
110712_230904.jpg
ガンポッドも51のものを使用しようかと検討したのですがあまりにも貧弱。
110723_090822.jpg
この辺から翼ははばたくイメージを強く意識しだした辺りだと思う。
110730_152945.jpg
この時点で一度そうたさんに引き渡した状態。まずはおおまかにパーツを揃えイメージに合う形状に進めていく作業。
110813_201831.jpg
あたまは仮設状態で進行。再度戻ってきた状態。各部のバランス調整をこの後進めることに。
110813_202239.jpg
胴体なんか結構苦戦してますね。横にプラ片が見えると思うのですがこういったもので仮位置決めて何度も調整のくりかえし。胸部分はかなり詰めてますね。
110728_100816.jpg
これは自爆とも言える改造。もとの52用パーツは一体ですがパタパタ動く感じだとカッコイイよねと。一枚一枚切り出して角度調整して接着の繰り返し。
110820_162227.jpg
超苦戦の脚部。
110828_230128.jpg
ファイター形態のキットなので横幅が大きく前後幅が足りない。しかも変形考えると52用パーツもサイズが合わない。かなり切り貼りしてます。
110915_224211.jpg
フルアーマーサンダーボルト用のビームガトリング。見てのとおりほとんどプラ材で出来ています。
110917_081201.jpg
実はサンダーボルトサイズとしてはでかすぎます。本体だけでもたいへんなのにそうたさんが大物持たせたいって。
工作自体はそれほどむつかしくはないです。ただ絵によって微妙に形状が異なることとSV-52γオリョールサイズに合わせるためにうまく嘘をついて違和感なく長さを稼ぐこと。
実際正当なサイズで作ったら胸の当たりまでの長さかと思います。

あとはスジボリをちまちま掘り直したりと一部問題ないとこのサフを吹いてバトンタッチという感じです。
スポンサーサイト
DATE: 2011/12/26(月)   CATEGORY: マクロス系
マクロス・ザ・ライド
166.jpg

現在発売中の電撃ホビーマガジンおよびマクロス・ザ・ライドに掲載されています作例です。
こっそりお手伝いをしていたというのがSV-52γオリョールバトロイド形態です。
お手伝いで参加したのでクレジットがそうた&K-WORKSになっています。

掲載されるまではこっそりでしたのでやっと声を大にしてやったぜといえます。
ちなみにマクロス・ザ・ライド ビビュアルブックVol.2にたくさん載っているのでぜひ買ってください。
(どうも別冊の方はいただけるみたいなんで買ってません)

記事も読んできましたが補足やらいろいろ。
今回は自分のパート部分は基本形を立ち上げるところまでと大型ガンポッド丸々といったところです。
のこりの部分はそうたさんの方でやられています。
ですのでたたせるところまで工作してお渡ししてそこから結構ちまちまと工作されているようですね。

自分の工作パート。
長谷川のSV-51γをとにかくばらして切った貼ったを繰り返しています。
ばらしてみるとわかると思うのですが飛行形態がかっこよくなるようにバランス調整をされていますのでバトロイドにしようとすると各部のバランスを調整していけません。
ここを詰めるとここも変更といった感じで雪だるま式に工作量が増えていきます。
もし長谷川のファイター形態のキットからバトロイドをとお考えの方はとにかくまず立たせるところまで工作を進めてバランス調整して組み上げていくと良いのではと思います。

SV-52γとしての部分としては機体が大型なのでその自重に耐えうる関節工作が必要になることでしょうか?
あとは52に改造するパーツ部分をどうなじませていくか?
より動物の羽根っぽいオリョールではレジンパーツを細々とばらして羽ばたいているかのような形にしています。
特にこの羽根が難関で何度も接続を調整したりとやった覚えがありますね。

ばらす際ですがエッチングソーと超音波カッターの併用で進めています。
パネルラインでエッチングソーをあてて裏から超音波カッターでバッサリとか使わないパーツ部分では超音波カッターでバッサバッサ切っています。

 大型ガンポッド。
 これキャラクターのイメージにあわせてかなりでかく作っています。
 元々はフルアーマーサンダーボルトの武器なんでオリョールに対しては小さいですがZガンダムのメガバズーカランチャーみたいな長物のイメージを出すために元の設定から大きくはなれない程度にバランス調整をしてオリョールのサイズになるようにしています。
 作成方法ですが非常に地味なプラ材での工作メイン。一部パテを使っていますがほとんどプラ材です。
 エバーグリーンのモノを主にしていろんな経のプラパイプを組み合わせています。

今回ピンではなかったものの一応作例が掲載されデビューってことになるのかな?
全国誌に名前が載ると嬉しいもんですね。
DATE: 2011/04/14(木)   CATEGORY: マクロス系
アタック・トマホーク&スパルタン
ファランクスに続いて作っておりましたトマホーク、スパルタンです。
もう結構前に出来ていたんですが撮影せずにほったらかしだったので。
純粋に出来からいうと後発のWAVEの72の方が断然よく出来ていますがスパルタンは出ていないんですよね。
統一サイズで並べるなら旧キットということになりますね。
もし72でそろえるとなるとスパルタンは旧キット、トマホーク、ディフェンダーはWAVE、ファランクス?って感じになりますね。
 さすがにファランクスは72出ないのかな?
 造ると相当にボリュームありそうですが。

006_20110414070914.jpg

003_20110414070915.jpg

004_20110414070914.jpg

005_20110414070914.jpg

001_20110414070915.jpg

002_20110414070915.jpg
DATE: 2011/04/04(月)   CATEGORY: マクロス系
デストロイド・モンスター
再販で買ったものを作成してみました。
実はトマホーク、スパルタンも出来ていますが撮影してなくて。
また機会があったら撮影します。
122.jpg

123.jpg

124.jpg

125.jpg

126.jpg

127.jpg

128.jpg

130.jpg

131.jpg

DATE: 2010/10/28(木)   CATEGORY: マクロス系
デストロイド・スパルタン
難産をきわめている旧アリイ製品版スパルタンです。

やってもキリがないので設定とは似てないですがキットを生かす方向で。

精神衛生上は再販される旧イマイ版をつくるほうが良いかと。
おふせのつもりでウェーブのトマホークとか買えばもしかすると新金型で出るかも。

とは言えこのサイズだとスクラッチかキット改造なので仕方ないか。

名前のとおりスパルタンなイメージにつくってます。

胴体
中央ブロックを幅増し。
左右ブロックはミサイルハッチ部分を切り取り別パーツ化。
腰部は幅増し時にジョイント部分が無くなってしまったので新しくジョイントを設置。
股関節は何でも良かったんですが先日パーツ取りしたガデッサのもの。

腕部
ジョイント方式を一新。
元の肘関節が変なのでヒジブロックも変なので大きく作り直してます。
手首も結構手間かかってます。
脚部
かなり難産。
特に膝から下。前後幅、エッジの取り方が設定とかなり違う。 白い部分がプラ材。幅増しや作り直しをしてます。
とりあえずがに股は補正しましたが印象はキットとかなり違います。

108.jpg

109.jpg

110.jpg

111.jpg

112.jpg
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。