SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/07/24(日)   CATEGORY: 雑記
悪役1号

タスカの悪役1号買いました。
昔MGで掲載のころにモデルカステン(違うかもしれません)からソフビで出ていたのが欲しかったのですが高校生くらいの自分には1万オーバーのガレキなんぞ早々買える訳もなくて。
昔から欲しくてタスカの製品は非常に心待ちにしていました。
タスカというと新興のメーカーでルクスを発売し今後の展開に期待していたのですがいきなりの変化球にびっくりしていたところです。

とりあえず現時点で気なる点というか制作上の注意を。
1.まずはキャタピラ部分。素材はいまいちわかりませんが接着、塗装が可能です。かなり履帯が長いので2本の連結になります。まずがちがちにつなぎます。その上に一こまずつ貼り付けて行きます。今回この接着にリモチャンを使ったのですが粘度や接着具合非常にこの作業にあっていました。
2.アイドラーホイールの装着。E18のパーツがやや短い気がするので接着剤がはみ出すとがっちり固定されてしまうようです。指定としては可動なので作業性も含めて構成をやや変更しています。
方法としましてはE18に元からあいてる穴に3mmプラ棒を立てます。E10のピンをきり飛ばして3mm径の穴を開けます。アイドラーホイール装着後E10を止め固定します。E10は単に抜け防止のためのパーツなので抜けない程度あればよいでしょう。(画像はありませんので申しわけありませんが簡単な工作です)

個人的にはやっぱ豚を並べたいので付属のものを複製して増やせないか考えてみます
スポンサーサイト
DATE: 2005/07/19(火)   CATEGORY: 雑記
りもちゃん感想
液体の粘度そのものですがTAMIYAの樹脂入りタイプと流し込みタイプの中間といったところです。
揮発スピードですがモデラーズ>TAMIYA>りもちゃんという感じです。
ですので通常の樹脂入りのもののように断面に塗って少々の間は乾燥せずに接着が可能です。
逆にやや粘度があること、刷毛がグンゼの三角ビンとかと同様の幅広のものなのでいわゆる毛細管現象での流し込みには向いていない感じがします。
モデラーズ同様通常の筆で流し込むことは可能です。モデラーズのものが刷毛なしで別に筆を準備しなくてはならないのにTAMIYAが改良して持ってきたあたりも大手に食われてしまう気もしますね
改良して欲しい点としては刷毛が先細りのタイプであって欲しい点。ビンの底面の面積が狭いので倒れやすい点(使用時には足ではさんで使ってました)でしょうか。

接着強度はかなり強いようです。ただし完全乾燥にややかかる(樹脂入りに比べれば格段に早い)ので作業手順にやや注意が必要です
あとは長時間使用するとばっちりオレンジのにおいがつきます。嫌味なにおいじゃないですからいいですけどね

まあ結論から言えばチャンと流し込みようの筆を使えばかなり使えます。これは試していただいても損はないかと
DATE: 2005/07/18(月)   CATEGORY: 雑記
りもちゃん

ようやく家の近所でも入荷しだしだので買ってきました。
普段使っているTAMIYAの流し込みタイプと比較してみようかと思っています。
いっしょに買ってきたブレンガンキャリヤーMK.Ⅱで試してみたいと思います

とはいえガイアノーツって失礼ながら流通的には弱小ですよね。こういうおいしい市場を最終的に大手に取られてしまわないか心配なものがありますが。
 昔カーモデルをメインに作っていたころはモデラーズの製品を良く使っていたわけですが。それらの製品製品的にはどうかというと非常に良いんですね。そのころよくいっていた模型店では少ないながらも入荷してくれていたのでありがたかったんですが他の店ではあまり見ませんでした。
 同様にガイアノーツも扱いのある店そうでない店あります。実際行きつけの店も入荷はしにくいといってました。流通のこともあるんでしょうがこれだけ商品が多い中で新たに棚を設けて商品を置くというのは困難なようです。
 しかしながらT社とかG社が今後そういった製品を開発し切り替えていきますってことになれば小売店としては流通がしっかりして他の製品とともに入荷できるってことでこちらになっちゃうと思うんです
 実際以前は流し込みタイプというとモデラーズのものを利用していました。ですがTAMIYAからも発売されこちらが簡単に入手できるとなったらあっさりこちらになってしまいました。
 特に商品価値(今回は無公害である点)があると高くても買ってしまいます。安いからこちらへという商品ではありません。それだけにそう思えてしまいますね
DATE: 2005/07/17(日)   CATEGORY: 雑記
こんなことしてる場合では

こんなことをしてる場合ではないのですがトライスターの4号戦車を作ってみました。
トライスターというメーカーの性質か各パーツは実車同様の分割、パーツ構成をしているようです。
そのせいもあるのかやや組みづらいところもあります。実車ではどの位置につくかわからないパーツも多々あって資料がないとややつらいところもあります。
説明書も細かいところで指定が違っていたり説明書には今一歩な気がします。
たまにはスケールモノを作るほうでしたがやっぱで戻り組なんでキット買ってそれですべてそろうのがやっぱいいですね。他に資料とかそろえるのは余裕がないんで
やっぱ後発ですからよくリサーチされていてよくできています。完成度といえば組みやすくなれば完璧ですね。最近めきめきと力をつけてきているアジア系メーカーの課題といえばこんなところでしょうか。

今回新アイテムウエザリングマスター、ウェザリングスティックを使ってみました。
最近のお手軽アイテムの一環なのかと思ったけどかなり本格的に使えますね。マスターのほうはこれまでのパステルによる汚しに使えます。もっと色が多いと良いですね。あとは付属のスティック以外にこのアイテムを生かす道具も必要なのかな?
スティックはちょっとコツがいるかなという感じはします。アクリルシンナーで溶いたパステルを練った状態というかこちらはちょっと研究が必要
DATE: 2005/07/05(火)   CATEGORY: 雑記
S便
S便、同級生も勤めているのであんまり言いたくはないのですがこれはちょっとおかしくねえ?と思ったので
オークションで荷物を送ってもらったんです。S便なんですが
差出人さんから番号を聞いてましたので検索しまして昨日付けで営業店を出発しましたと表示でした。
で、昨日配達されるんだなと思ってたんですが届かず、不在の通知もはいらず
で、営業所に問い合わせるということに

どうも昨日の持ち出しで回りきれなかったらしいのですがその後の処理だよね。
検索してみても配達中って。おまえのところ夜中も配達しとるんか?といいたい状態。たとえば持ち戻って翌日配達に来るならそれがわからないとおかしいんじゃないの?
これでは途中荷物をなくされてしまったと思われても仕方ない状態ですよね。
まあこれはシステム上の問題だから致し方ないとしよう
本来昨日予定のものを回りきれなくて翌日に回したのだったら翌日の一番早い時間に持ってくるというのが普通じゃないの?まして問い合わせてこちらは11時までしかいないよっていってるんだったら何とかお持ちしますくらいのこと言えんのかな?
11時にもらっても作業は出来ないからいつもらっても良かったので言わなかったけどこの対応どうよって思いますね。

まあ注意としては店を出ましたは配達に来るという意味合いとはちょっと違う。回りきれなくてもインタネット検索上はわからないってことですね
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。