SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/30(月)   CATEGORY: 雑記
ドラゴンのほうです

ヘッツァー初期型完成しました。
最近のドラゴンはマルチマテリアルですっごいできのものが主流になってきていますがこのくらいのほうが楽チンでお手軽に出来ますね。
当然型もそこそこ古いのでそのへんの精度とか技術的につたないところはありますが。
ドラゴンのタイガー戦車が出たころにTAMIYAの社員がショックを受けてこんなの作りたかったみたいな発言をしたような噂がありますが、ドラゴンのような形態もひとつの方向性ではあるものの誰でもきっちり出来るあの精度と再現度はTAMIYAならではのものだと思います。
3突見てやっぱり実感してしまいましたね。(実は細部の塗装と汚しを残すのみでほったらかしです)

そういえば仮面ライダーカブト始まりましたね。
どうも主人公はニートらしいと・・・。
詳しくはまた後ほど
スポンサーサイト
DATE: 2006/01/27(金)   CATEGORY: 雑記
HGUCドム/リックドム

思わず黒い3連星セットと単品の合計4体を買ってしまいました。
作りきれるんかいなという疑問はさておきよくできていますね。
合わせ目処理もほとんどないですし(胴体上部、肩インナー、腿付け根くらいかな?)さくさくっと組めます。
まあ欲を言うと武器類が合わせ目めんどくさいことでしょうか?本体の手間がない分余計に気になってしまいますね。
ただ近年のHGUC用の再設定を見ると元デザインよりはるかに細かなディテールがあるのでちゃーんと合わせ目消してというのは割と手間になります。
かといっていたずらにパーツを増やすのもどうかと思うのでメーカーとしても難しいところなんでしょうね。
ですのでビームバズーカもいたるところ切り離して再接着することで対応してる部分が多いです。
それも根気よくやればクリアできる部分なので。

それよかですよ、手首パーツ形状は金型の限界までによくできてるんですが妙にわれやすくないですか?ヘイズルあたりでも思ったんですが個体差ではないようですね。最近買うもの全体がそんな感じを受けます。
今回ビームバズーカとかの大物を持たせるからポーズとらせようにもぱっくり割れてしまって。素性のよいキットだけに残念。

話は変わりまして昨日オークション出しの戦車用に100円ショップ(すでに100円以上の商品も多いのでホントはどういうんでしょうか?)にケースを見に行ったんですがあまりの陳列のひどさに唖然としてしまいました。
種類も多いし各商品のサイクルもみじかいので管理は難しいのですがあるべきところにある商品がなくて別のものが堂々と押し込まれているという。
しかもですよ、わざわざ商品POPを設置して分類してるくせにですよ。それがほしいサイズの商品だったから余計にムッとしてしまいました。
どうせアルバイトに言っても無駄だから再入荷してくるだろう商品ですからまた今度ということにしました。
難しいのはわかるんですがね。改善していただきたいなあ。
DATE: 2006/01/20(金)   CATEGORY: 雑記
劇場版 仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼
DVD借りてきましてようやく見ました。
ここ数年はライダー系はだいたい見に行っていたのですが今年は思いのほか忙しくていけなかったのですが結果としてはそれでもよかったかなと思う出来でした。

正直つまらなかったです。
もうすでに当初とストーリーが破綻しているTV盤ですがそれ以上にすべてぶちこわしって感じでアナザーとも違うしなんというのか違和感が付きまといます
時代設定に対してのアクションや武器とかいった違和感もあるのですが。
そもそもおろちというものがよくわからない設定だし伝承の話でたおしているのではないか?という疑問もあるし。
武志の発祥の話としてもうまくつながらない部分があったりして

どうも井上脚本がまずい気がしまして本来これは話の流れ的にいる要素だろうというものをばっさり切っちゃって余分なもの入れ込みすぎて破綻しちゃってる感じを受けますね。

次のライダーはどうなるんだか?
カブト? ビーファイターカブト+ストロンガー??? やっぱ今年はムシキングなんでしょうか?
DATE: 2006/01/19(木)   CATEGORY: 雑記
塗装前までこぎつけました

装備品の取り付けがほとんどエッチングパーツというのは前の記事で書きましたがあそこまでエッチングだと意地になってほとんどの箇所でエッチングを利用しました。

で、いろいろ思いましたこと。
エッチング用の道具はあったほうがいいですね。切り出しはカッター等で代用できる部分も多いです曲げ作業や取り付けの際は専用工具があったほうが楽だし仕上がりがきれいです。
先の細いなおかつ硬いピンセットやプライヤーはさすがに個数そろえると結構な金額になります。硬いということになるとステンレス製ということになり先の形状が特殊になってくると入手自体が困難になって来るでしょう(実は探していた形状のものはまだ入手できていません)

最近のドラゴン製品などはエッチングが標準でついてくることが多いですし。TAMIYA製品もアフターパーツがエッチングで準備されいたりしますので思い切ってそろえてしまってもいいとは思いますね。

で、何とか外装塗装を残すだけの段階まできました。
右に写っているのは自作のスタンドです。GX-DVの手直ししたときになっておいた残りのエバーグリーンのH型材と3mm各棒ででっちあげました。
せっかくの内装再現ですから完成後もディスプレイがしやすいようにと簡単ながら作成してみました。内装が再現されているだけあってパネル裏にも結構いろんなものが取り付けられているので破損防止にも一役買っています
DATE: 2006/01/16(月)   CATEGORY: 雑記
本当に忙しいです
なんかいろいろ仕事をもらっちゃってかなりたいへんな状態です。
しかも一方はブラックボックスみたいなシステムなんでかなり手探りのところが多くなかなか形にならない。
内部の人間が作ったシステムなんでその根幹部分は作った本人しかよくわからないというものでしかもトラブル&エラーに対し何もマニュアルとか存在しない
つまりは稼働状態にもちこんで動く状態での簡単な操作方法しか提示されていない
だからわかりそうな人間が一生懸命知恵をひねってひとつひとつ問題点をつぶしていくしかないという。
しかも最初に運用し始めた部署もよくわからないという。
ですので最近はパソコンに向かってうんうんうなっている日々が続いています。当然自分の仕事が片付いてからですので残業という。この調子で行くとうちの課で残業トップになりそうな雰囲気

でもまあこれが実働状態になれば恩恵も大きいわけで。
僕個人の考えなんですが先行投資というか最初の導入時や新しくことを起こすときは時間も費用も莫大にかかっても最終的な効率化、費用削減ができればよいと思っているんです。
だから一時的な赤字状態でも最終的に効果があればよいのではと。いつまでも非効率でだらだらとお金がかかるより一時的な負担でということで

そんなこんなで全然ヘッツァーが進みません。
内部はほとんど終わっているので外装なんですが装備品の取り付けがすべてエッチングなんですよ。これはどうしても時間がかかりますね。
仕事終わって帰ってきて飯食って風呂入って寝るまでの間にチョコチョコとやるだけなので説明書の1ブロックをすすめたくらいで終わってしまいます3突も放置中。
続きを読む
DATE: 2006/01/15(日)   CATEGORY: 雑記
いそがしい
忙しくてかなわんです
お休みください。まじで
DATE: 2006/01/12(木)   CATEGORY: AFV
ヘッツァー 進行中

エデュアルドのヘッツァーかなり苦戦中です。
というのも内装と外装がちっとも合いません。砲後端部ハンドル周りやらスコープがかんり干渉してしまいます。しかも上下前後左右で干渉します。
かなり強引に取り付けて外装に入れ込んでいます。
外装は取り付けずにオープンのまま作ったほうがよいかもしれませんね。

という話を行きつけの模型店で話していたんですがそれに比べると最近のドラゴンとかどうなの?って話なんですが正直比べられないですね。
ドラゴンのフラグシップ系のタイガー1にしても内装までの再現していませんから同じベクトルの商品ではないんですね。
また国内での8000円前後いう価格もヨーロッパでのドラゴン製品にあわせた価格設定のものを持ってくるとあの金額らしいということです。しかしその価格帯の話もフラグシップモデルの価格との比較なのか、通常のほかの製品との比較なのかわからないところですね。

というわけでドラゴンの初期型も作ってみてはいるのですがこれまた結構前の製品のはずなので(現行のものは新しくエッチングパーツがセットされているようですが)あんまり比較にならず
しかしてんこ盛りの製品が続く流れを見るとあのあたりと比較するのが妥当なんでしょうか?

で、比較の一面としててんこ盛りのドラゴンこちらはプラパーツとエッチングパーツ組み込みの2種がセットされています。
それに対しエデュアルドはエッチングのみ。このあたりはエッチングパーツを多く発売しているメーカーの特色なのかと思います。しかしながらエッチングのみという構成は難易度を上げる要因になっているのは確かです。
製品精度はともかくパーツ数的には簡単に組めてしまう(実際ドラゴンのヘッツァーは一晩であのくらいまで)初級者向きに対してあきらかにヘビーユーザー向きであるのは確かでしょうね
DATE: 2006/01/11(水)   CATEGORY: 雑記
メカニックファイル 宇宙戦艦ヤマト

やっぱりというか買っちゃいました
といっても年内に買っていたんですがネタにするの忘れていました。
よくできていますよ。次回作といわれるアンドロメダにも期待ですね。

ただ細かいこと言えばいつのバージョンかが特定できないのが残念。
でもバージョン違いでそろわないのもかなわないのでこれでよいのかもと思うのですが

コスモクリーナーは欲しいかなと
DATE: 2006/01/10(火)   CATEGORY: 雑記
進行中

今日は内装を一生懸命塗装組み立てしておりました
非常によくできています。アフターパーツいらずですね。
実際にパーツを組み込むまではイメージがわかなかったのですが組みあがるに連れて密度感が上がってきていい感じに進んでいきます。

フルディテールキットの宿命というかあいについてはすり合わせが必要になってきます。構造上ハッチ上部が開き気味なるのでくせ付けが必要です。
またバルクヘッドの上部が干渉しましたので角度を調整しつつすり合わせています。
DATE: 2006/01/08(日)   CATEGORY: 雑記
稲垣版金田一 第3弾
何度となくTVや映画化されている作品ですから違う要素を盛り込みたいのはわかるのですが今回はさすがに失敗のような気がしますね。
金田一のキャラクター性も違う要素ですがどうもキャラクター付けが失敗しているような気がします。
戦後のあの時期を生き抜いたまして動員され復員してきた人間の重みというか時代背景が見えてこないのが残念です。事件の発端やその心理状況というのもこの時代特有のものですから少し残念。

まあそれも今の映像化ということで仕方ないのかなと思うのですがストーリーの進行が唐突というか特に動機付けが読めてこない。無理に変更した部分が大きいとは思うのですが
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。