SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/27(日)   CATEGORY: WF等イベント
カテゴリー整理しました
カテゴリー整理しました
サポート等も含めましてもう少しわかりやすいようにとできる限り販売アイテムをカテゴリーとして分類しました

基本的に説明書を同梱できなかったものについてカテゴリーを作成してあります

新規アイテムとしましてはスタンディングトータス(同系列を含む)
過去アイテムとしましてはツヴァーグ、パープルベアを作ってあります

ツヴァーグについては今後追加同梱版を予定しております装備品もこちらのカテゴリーに分類します
スポンサーサイト
スタンディングトータス 9/14
ST01.jpg

ぼちぼち進めてきましたスタンディングトータスです
時期イベントの新作として作っています
サイズは1/20です。
なんだかもうバンダイからのシリーズ展開はなさそうだしやっぱ並べたいですからね
パ-プルベア 組み立て
遅くなりましたがサポート開始します

画像はスコープドッグのものが混ざっていますが構成は同様ですので同様に組み立てください

以下追加の形でくわえていきます

胴体の組み立てです
本体部分と腹の部分になります
PB03.jpg

ゲート等を切除していただき接着してください
PB04.jpg
胴体本体がレジンの塊ですのでできるだけ軽量化するとよいでしょう
なおバーは金属線等で自作してください

PB10.jpg
画像から漏れていますがカメラアイのサイズ違いのバイサーと後頭部のカメラがあります
バイサーはお好きな方を利用ください

PB11.jpg
頭部本体です。上下を張り合わせたうえ合わせ目を処理してください

PB12.jpg
バイサーを付けた状態です。
アンテナは金属線、スプリング等で自作してください

SD06.jpg
SD07.jpg
別途ポリキャップ、プラサポが必要になります
プラサポについては3mm軸が受けれれば良いので単に5mmプラパイプでも構いません
ポリキャップは4mm径のものを準備してください


SD08.jpg
カッティングマットのサイズを参考に切り出してください
19mm×9mmです
1mmプラ板は別途購入してください

SD09.jpg
股関節パーツを組みつけたところです
2組作成してください。
干渉する部分については削り取って調整してください

SD03.jpg
スコープドッグのパーツを利用していますが基本構成は同様です
違う点としましては膝当てが別パーツで左右区別があります
パーツに組み込まれている黒い部分がポリキャップです。すべて4mm径のものです
足首パーツとの接続は3mm径のものです。

SD02 (2)
実際に組んでみた状態です

SD04.jpg
SD05.jpg
桃の部分まで組み上げると画像のようになります

桃の軸ですがゆるい場合は瞬間接着材等で太らせていただくか4mm径の軸を埋め込んでください
SD10.jpg
桃の関節まで組み込むと画像のようになります

このあと足首を組み立てます
PB07.jpg
パーツ展開図が不足いていますがつま先、かかと、足首本体です。
足首本体がかなりきついのでサイドを削って調整してください
サイドの丸いモールドはコトブキヤの丸モールドを利用してください

PB08.jpg

PB09.jpg

腕部の組み立て
PB05.jpg
腕部追加パーツ全パーツです
一応肩アーマーの接続パーツがありますが補強をしていただくか原型もプラサポとプラのボールジョイントの組み合わせですので自作していただいたほうが良いかもしれません
元のキットのものは基本的に組み上げていただいた上肩アーマーの接続の穴をあけます
穴の径は4mmです

PB06.jpg
肘の接続はたぶん軸までレジンが流れきっていないと思いますので3mm軸を立ててください
全体の組み立て
各部が組みあがった状態になりますので全体の画像を参考にくたててください

http://kworks20008.blog24.fc2.com/blog-entry-619.html

なお全体の画像は上記リンクの記事を参考にしてください

あと補足としましては胸部ハッチは乗せるだけの形になっていますので開閉どちらか選択、加工によっては可動にすることもできます
脚部の組み立て
Z30.jpg
左右共通パーツの部分です

Z31.jpg
左右作り分けがあるパーツ
フレームパーツは左のものはLの刻印があります

Z33.jpg
市販のポリキャップ、ボールジョイントを組み込みます
特に指定はありませんがポリキャップはWAVEの5mm イエサブの関節技を使っています
使用される物に合わせて加工してください

Z34.jpg
外装まで付けた状態です
脛は右のパーツを組みつけた状態です
胴体部の組み立て
胴体の組み立てです
Z13.jpg
まず胴体本体のパーツ

Z14.jpg
内部シート周り

Z15.jpg
腰回りのパーツ

Z16.jpg
腰回りパーツの組み立て
一応軸は立てられていますが金属線等で補強したほうが良いでしょう

Z17.jpg
とりつけた状態角度の参考にしてください

Z18.jpg
本体側面内部のパーツをとりつけます。左側のみに裏面にLの彫りこみがあります

Z19.jpg
シートの組み立て
画像では単独で組み立てていますが本体との調整を行ってください

Z20.jpg
シート裏面から

Z21.jpg
内部パーツを組みつけた状態
忘れていましたが足もとのプレートのパーツも組み込んでください

Z22.jpg

Z23.jpg
前方のバーをとりつけます

Z24.jpg
後方のタンクパイプをとりつけます
パイプは市販のパーツを加工したものでもよいでしょう

Z25.jpg
腕部取り付け部分の受けを接着します。右側にRの刻印があります
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。