SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/09/30(日)   CATEGORY: 心療内科・病気
過敏性腸症候群(IBS)
過敏性腸症候群(IBS)ってのがあります。

内科的な疾患がないにもかかわらず月に3回以上に渡って腹痛、下痢、便秘などが生じるというやつです。

原因的にはストレスや緊張で腸の運動が悪くなり症状が出るようです。
特に女性は便秘、男性では下痢といった症状が多いようです。

対策としてはストレスを和らげ下痢を抑えるくすりや腸の運動を安定させる薬があります。
やはり精神的なところから来ますので心理療法ですね。

なんでこんなこと書いたかという本日まさにその症状真っ最中って感じでもうダメなんで帰ってきました。
休息を取ってなんとか落ち着いてきたので。

最近は良かれと思ってやったことが裏目に出るので自分の仕事でない部分については他に依頼をかけています。
依頼というか本来処理すべき部署に差し戻しているだけなんですがこれまでサボリにサボってきたがためにいざやろうにもわからないらしい。
 とはいえそれも自分が異動で来る以前に習得済みのはずの仕事なのでできなくて困ってもご自分で解決してくださいと考えています。

 そうは考えるもののあまりにもお粗末な状態で依頼をかけてからほってありますが月末ですが大丈夫?と思ってしまうのでやっぱストレスなんだろうな。

 あとは人的な問題
 もうなんともならないアルバイトが1名。
 やめさせたいばっかなんだがその時間のアルバイトが集まらないのでやむを得ずって感じですがとにかく言うことを聞かない。
 指導しようものならパワハラですか?とくってかかるとんでもない奴がいます。
 上司も指導してくれてますが同様に反論して反省がなく問題行動が目立ちます。
 そんなの相手にしてるのも疲れたなあ。

そんな様々なストレスが重なって今日は勤務前からダメだったんだけど。
先週半ばからひどくなってトイレに駆け込むようになりまして。
スポンサーサイト
DATE: 2012/09/29(土)   CATEGORY: 雑記
なんとなくだが
ツイッターをやるようになってからmixiで日記を書く事が減りました。
以前は何をやったとかいろいろ書いたもんですが見にくくなったのもあります。
最近薬のせいなのかなんだかいろいろ忘れっぽい。
忘れっぽいというよりいつのことなのか曖昧というのがホントのとこだろう。
というわけでできるだけ日記書いてみようかなあと。

なんかやろうと思っていても結構忘れちゃっていてやってないので目的意識をもつのが良いかなあ。
そんなわけでいろいろ書いてみようかと。
もう模型だけではなくなっているのでタイトルもアレなんだけど。

今日は模型誌ライターデビューの経緯を書いてみようかと。
ちょうどお話を頂いたのは病休で休んでた頃、正直ちょっと不安はあったものの何かきっかけがあればと思っていた時期でした。
 浮き沈みが激しいので模型にしてもやってやったぜという気持ちと、自分の模型なんか通用するはずがないというネガティブな感情がありました。

 電ホライターさんのそうたさんから人が足りないんでやってみない?という話があったんですが一度は断ったんですね。
 打診があったアイテムはコトブキヤDスタイル ゴルディマーグをカッチョ良くと。
 Dスタイルを触ったことがなかったので一度は断ったんですがやっぱ人が足りなくて。

 もともとアマチュア時代WFなんかでそうたさんとは縁があってマクロスRも一緒に作例(比率がちょっと気になるが)をやったりとそんな縁で推していただいて、さらにマクロスRのメインモデラーのKUWAさんからも推してもらえたようでそれならということで最終的に引き受けました。

 持ち込みで売り込む方もいると思うのですが自分の場合は長年のイベント活動とそれによって築いてきた人脈でしたね。

 その後は続きで作例を掲載していただき何の仕事がいただけるか非常に楽しみにしています。
 本業の方は相変わらず不安定ですが模型の方で何らかの評価があるというのは嬉しい限りです。

 
DATE: 2012/09/28(金)   CATEGORY: 心療内科・病気
ED対策
心因性のEDの場合は一度なると次もダメなんじゃとか思いがちです。
確かに自分もよくなるまでに結構かかりました。

EDについての薬は日本でバイアグラ、レビトラ、シアリスです。
食事影響されやすいもの、持続時間、服用方法それぞれ特性が異なります。
いろいろ試してみると良いかもしれません。
自分の場合は全て試しました。

効果が分かる時とそうでないときは確かにあります。
でも、次でがんばればいいやという感じでいいと思います。
なんとか薬でサポートしてでもちゃんと行為ができて大丈夫と思えれば心因的なものなので回復してきます。

またやはりできないんじゃないかという不安が伴う場合は安定剤などを飲んで落ち着かせてからエッチするというのもあります。
 あとはやはりパートナーの理解ですね。行為がうまくいかなくても仕方ないことを理解してもらうというのは大きいです。
 ちょっとシチュエーションや体位を変えたりしてみるとかなんとか協力してもらってまあダメでも仕方ないと思ってもらうと気は楽です(相手は欲求不満気味になるかもしれませんが)。

薬を飲んでみての感想です。
作用としては血管を拡張させ男性器への血流を良くして勃起させやすくするものです。
性的な刺激対して男性器が反応するというのはイマイチメカニズムはわかりませんが。

結局のところ血管を拡張しポンプである心臓で血液を送り出そうと流し込む血液が少なければ容器が大きくなっても貯まるものが少ないということで効果が薄く感じられることがありました。

 やはりこういったときは仕事などで疲れており体調が万全でないという時が多かったようです。
 ですので薬とかに加えて十分な休息、体調管理を伴って行為に挑んだほうがいいと思います。

あとはEDとうつが併発という感じでしたのでうつだと、どうもやる気が起きず普段の運動もおろそかになりがちで基礎体力も落ちがちです。
 基礎体力を維持するのもの必要かと思いますね。
DATE: 2012/09/25(火)   CATEGORY: 模型誌作例
1/144 KOTOBUKIYA 武御雷
本日発売の電撃ホビーマガジン11月号にてKOTOBUKIYA 1/144武御雷(青)担当させていただきました。

残念ながらというか完成後の画像を撮っていませんので画像がない日記です。
本誌見てくださいね。

ってこれがまたまた付録付きでゴム掛けなら良いのですが紐かけしてあるところは中が見れないので中身が分からず買えないって話も。単価も高いなあという話も聞いて。

 今回はガンプラで言うところのMSVって感じの作例。
 言葉上ある設定から時期や登場シーンを考えてたたき台になった不知火との関係や配備状況でIFの機体をつくってみました。
 トータルイクリプス2話登場の武御雷はR型なのでそこらへんの改修をしています。
 実はボークスキットを持っていたのでまだR型、F型と明細な設定のない頃のガレキを参考にしたためカメラアイの形状に読み違いがあってリテイクでした。
 結果としては明確に眼球パーツをいれ良かったと思っています。
 資料のリサーチや打ち合わせは重要だと思いました。

 今回テストカラーとしてボークスガレキ塗り始めてうまく仕上がりました。
 他にも吹雪のガレキが発見されたりKOTOBUKIYAのキット作り始めたりとまんまと編集さんにハメられた気がしますがなかなか楽しいです。

 記事のコメントで書きましたが、あいかわずのブラックな会社で四苦八苦しています。またお休みしちゃいそうな感じ。先日新婚の知人がキャラホビに嫁さん連れてきていて。うーん自分も負けられませんと思いまいました。嫁さん募集中。

 ということなんでいい人いたら紹介してください。
 婚活パーティーも行ってみようかと思ってますが。
DATE: 2012/09/23(日)   CATEGORY: 心療内科・病気
ED
EDについて書きます。
昔はインポテンツと言っていわゆる勃起障害というやつですが実際にならないと意外とわからないやつですね。

年齢による衰えはまあ仕方ないとして自分くらい(30代後半)でEDというのは結構精神的なものが多いようです。
もちろん糖尿の可能性がある人なんかは機能的に問題がある場合がありますがストレス性のものを疑ってみたほうが良いかもしれません。

 自分がどういう経緯でEDに気づいたのかとか書いてみます。
 というのも男性機能は精神的な影響を受けやすく仕事や家庭などうまくいっていないケースもあるのでEDだからと深刻に悩まないでもらいたいからなんです。

 本業の方で割と大きな仕事を任されていた時期ですがかといって上司の協力が得られず、むしろ邪魔をされるような状態でした。
 結果的には会社としては失敗と言わざるを得ませんがやはりなんとしても成功させなければならないというのがありまして会社の方針と現場との板挟みという感じでした。

 そういった時期で体調も芳しくなかったんですがストレス発散ということで遊びに行ったのですが。
 はっきり書きますと風俗ですね。正直そういったところにでも行って気を紛らせていないと仕事なんかやってられない状態でした。
 個人的には風俗とか特に偏見はありません。金銭的に余裕があって家庭の事情でも問題なければOKだと思います。

 まあ行ってみたんですが中折れしてしまってそれがしばらく続きまして(それだけ行ったんだなというツッコミは無しで)内科の方で相談してみたら、何か大きな仕事を任されたり責任ある仕事に当たってないかということでそういうのが負担になっているのではないか?ということで。

 こういった勃起不全や中折れといった症状は相手がいる場合ダメということもあり、いわゆるオナニーでは大丈夫だけど女性を相手にするとダメということもあるので意外と発見されない場合も。

 まあ長くなったので対策はまた今度
DATE: 2012/09/23(日)   CATEGORY: 心療内科・病気
ストレス
ひとそれぞれで違うとは思うのですが一般的に人間がストレスに感じるのは”孤独”だそうです。
感じ方や程度によりますがこの話はなるほどと思います。

例えば仕事関係。
自分のやった仕事を全て否定され、さらにはやるべきことがはっきりしているのに協力関係が期待できない。
つまり仕事的に孤立無援と言うか完全に自分の立場がどこかこう切り離されてしまうとやはり孤独を感じるのでしょうか?

 自分の場合は上司自身のミスを押し付けられそうになったり、準備しておいたものをぱあにされたり。
 明らかに要員が足りないのに変な理由をつけて補充を行わなかったり。
 
 こういったケースですが状況によってはストレスの感じ方は異なってくると思います。
 上記のような仕打ちが個人(を原因)によるもの、組織的にそういう状況に置かれている場合とではまた違うでしょう。

 また体調面からも影響があるでしょう。過労が重なった時期でもあるので身体機能の低下とともにメンタル面でもストレス耐性が低くなります。
 体調面にも優れない→仕事も順調に回らない、ミスが出る→悪循環という感じになることもあります。

それと対人関係
自分の場合、結婚していませんし現在彼女もいません。
当然性的な面も含めて良い関係になりたいという欲求があります。
たんにのんびりと女性と過ごしたいというだけの時、性行為をしたいということもあります。

 通常では趣味などで紛れる場合もありますが既に仕事の面とかでストレスを抱えている場合は極端に寂しさを感じ孤独を感じることがあります。
 このまま結婚できないんじゃないかとかいろいろもうネガティブに考えますね。

 異性関係もそうですし、友人知人との関係も同様ですね。
 全く関係が切れてしますのも非常に怖い感じがします。
 ちょっと連絡がない相手にはどう思われているかとか考えることがあります。

ちょっと自分なりに書き出してみましたがずばりここがこうだからストレスだ!!というのはないんですね。それこそ複合的というかひとつひとつは小さくでも積み重ねとか。

 ですので様々なものがストレスになりうるもので全く無縁ではないということで、うまくストレスと付き合って行くことが必要なのかなと思います。

 
RABBIT A型
543.jpg

544.jpg

545.jpg

546.jpg

547.jpg

549.jpg
DATE: 2012/09/18(火)   CATEGORY: 心療内科・病気
うつ病と性欲
結構大真面目だし意外と聞きにくい話なのでどなたかの役に立てばと思い書いときます。

うつ病と言っても程度の違いはありうつ状態→うつ病という感じで人によっても症状は違います。
うつと言うとどーんと落ち込んでいうイメージがありますが、躁うつという言葉があるように自分の興味の有ることや気分の良い方向のものであれば気分が跳ね上がるといったこともあります。

 当然人間の感情の中で性欲も関係してきます。
 ぶっちゃけ女の子とイチャイチャしてる時は割と気が楽なるというか、自分も休業する前はなんとか女の子に会えるまではがんばろうとしたもんです。

 さてカウンセリングや安定剤程度では対処が難しくなってくると抗うつ剤というのが処方されます。
 これも病状の程度によって薬の種類や量が変わるわけですが人によっては副作用が出る場合があります。

 かゆみや発疹が出るなど実生活で困る物や性機能障害といったそういう場でないと困らないものもあります。
 
 さて抗うつ剤の効用ですが精神的に不安にさせるような物質の伝達の阻害にあるわけですがこれが結局感情や精神状態に絡んでくるのでその結果もまちまちです。

 性欲といった面ではむしろなくなってしまう場合とどーんと出てしまう場合があります。何事も適度なのがよろしいかと思いますがこのへんも薬による影響なんで”俺スケベになってしまった”とか”不能になった”とか思う必要はないですね。

 副作用の面ですが性機能障害があります。女性では生理不順、男性では射精障害、両性では感じにくくなるケースがあります。
 男性も勃起しにくいとかおそらく女性も濡れにくくなったとかあるかもしれません。

 実際自分も体調で変わりますが勃起しにくい時、中折れしてしまう場合、勃起が維持できても射精できないときとかあります。
 こんなときはレビトラ、バイアグラといった勃起を促す薬を飲むのも手です。

 とはいえ年齢や泌尿器器官の疾患がなければ薬が抜ければ以前のように戻ります。
 一時期完全に薬が抜けた期間があったので飲んでる時期とそうでない時期の差を知っているので正直飲みたくはなかったんですよね。
 ただまあ一時期のものとかんがれば良いかと思います。
 ですのでパートナーのいる方は理解してもらうのがいいですね。

 ただひとつ注意。
 感じにくいからとM方向に走っていくのはまずいかも。自分もちょっと新しいことしてみたいなと。
RAPTOR
536.jpg

531.jpg

532.jpg

533.jpg

534.jpg

535.jpg

537.jpg
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。