SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
脚部の組み立て
脚部パーツの組み立てです
まずは脚部パーツの一覧です
このほか5mmプラサポ 5mmポリキャップが必要になります

st22.jpg

WAVE5mm角タイプのポリキャップを使用してください
埋め込み部分はプラサポと同サイズですが軸の通りを調整のうえ隙間に瞬間接着剤を流す等してがっちり固定してください
右がポリキャップを組み込んだ状態。左が膝の完成状態
st23.jpg

足首のアーマー取り付け用の穴をあけます。
特に指定はありませんので1.5mmから2.0mm程度の穴をあけ金属線もしくはポリランナーを通してください
st28.jpg


脛内部の加工です
青枠:足首接続用のポリキャップです。径は5mmです
赤枠:足首アーマー接続用の穴開け加工。径は通す軸に合わせて設定してください
緑枠:実は原型からプラサポを外し忘れてしまった部分ですので上部からポリキャップを入れる系の穴開けを行ってください。ポリキャップ内径は3mmから4mがよいでしょう
 見栄えを重視されるかたはマグネットでの接続でも良いですね(キットに含まれていません)

st29.jpg

ひざ裏のアーマーです。2mm径の穴をあけてください
st30.jpg

股関節、足側のパーツです
メインのレジンパーツにジョイントを組み込む形です。5mmプラサポ、5mmポリキャップを組み合わせて加工してください
st31.jpg

組み込むとこんな感じになります
st32.jpg

足首の組み立てです
こちらもレジンパーツに5mmプラサポ、5mmポリキャップを組み込む形です
こちらはジョイント等加工なくそのままの組み合わせで組み込めます
t33.jpg


ジョイントを組み込み組んだ状態。
ジョイントは隙間に瞬間接着剤を流し込む等がっちり固定してください
st34.jpg


st37.jpg
st38.jpg
ひざ裏アーマー固定とはずれ止めの軸の設定です
赤枠:ポリランナーや真鍮線などを通してください。関節部まで貫通せず左右から軸を通してください
緑枠:はずれ止めの軸。先の工作で入れたポリキャップに合うように軸を設定してください
青枠:現行WAVEの5mmポリキャップを入れていますが出来たら旧タイプの軸側も5mmのものを使用するとよいでしょう。ただし店頭在庫のみで入手は困難ですが
画像で位置関係などを把握してください

st41.jpg
5mmポリキャップとプラサポの取り付け
画像は右足用です。それぞれ足の外側に来るように設置してください
前後位置についてでロールで干渉しない程度の位置に取り付けてください

st42.jpg

脚部が組みあがるとこんな感じになります
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。