SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/26(月)   CATEGORY: マクロス系
マクロス・ザ・ライド
166.jpg

現在発売中の電撃ホビーマガジンおよびマクロス・ザ・ライドに掲載されています作例です。
こっそりお手伝いをしていたというのがSV-52γオリョールバトロイド形態です。
お手伝いで参加したのでクレジットがそうた&K-WORKSになっています。

掲載されるまではこっそりでしたのでやっと声を大にしてやったぜといえます。
ちなみにマクロス・ザ・ライド ビビュアルブックVol.2にたくさん載っているのでぜひ買ってください。
(どうも別冊の方はいただけるみたいなんで買ってません)

記事も読んできましたが補足やらいろいろ。
今回は自分のパート部分は基本形を立ち上げるところまでと大型ガンポッド丸々といったところです。
のこりの部分はそうたさんの方でやられています。
ですのでたたせるところまで工作してお渡ししてそこから結構ちまちまと工作されているようですね。

自分の工作パート。
長谷川のSV-51γをとにかくばらして切った貼ったを繰り返しています。
ばらしてみるとわかると思うのですが飛行形態がかっこよくなるようにバランス調整をされていますのでバトロイドにしようとすると各部のバランスを調整していけません。
ここを詰めるとここも変更といった感じで雪だるま式に工作量が増えていきます。
もし長谷川のファイター形態のキットからバトロイドをとお考えの方はとにかくまず立たせるところまで工作を進めてバランス調整して組み上げていくと良いのではと思います。

SV-52γとしての部分としては機体が大型なのでその自重に耐えうる関節工作が必要になることでしょうか?
あとは52に改造するパーツ部分をどうなじませていくか?
より動物の羽根っぽいオリョールではレジンパーツを細々とばらして羽ばたいているかのような形にしています。
特にこの羽根が難関で何度も接続を調整したりとやった覚えがありますね。

ばらす際ですがエッチングソーと超音波カッターの併用で進めています。
パネルラインでエッチングソーをあてて裏から超音波カッターでバッサリとか使わないパーツ部分では超音波カッターでバッサバッサ切っています。

 大型ガンポッド。
 これキャラクターのイメージにあわせてかなりでかく作っています。
 元々はフルアーマーサンダーボルトの武器なんでオリョールに対しては小さいですがZガンダムのメガバズーカランチャーみたいな長物のイメージを出すために元の設定から大きくはなれない程度にバランス調整をしてオリョールのサイズになるようにしています。
 作成方法ですが非常に地味なプラ材での工作メイン。一部パテを使っていますがほとんどプラ材です。
 エバーグリーンのモノを主にしていろんな経のプラパイプを組み合わせています。

今回ピンではなかったものの一応作例が掲載されデビューってことになるのかな?
全国誌に名前が載ると嬉しいもんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。