SKE48と私(わずかに模型)
K-WORKSの模型、SKE48、もろもろのページです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/09/29(土)   CATEGORY: 雑記
なんとなくだが
ツイッターをやるようになってからmixiで日記を書く事が減りました。
以前は何をやったとかいろいろ書いたもんですが見にくくなったのもあります。
最近薬のせいなのかなんだかいろいろ忘れっぽい。
忘れっぽいというよりいつのことなのか曖昧というのがホントのとこだろう。
というわけでできるだけ日記書いてみようかなあと。

なんかやろうと思っていても結構忘れちゃっていてやってないので目的意識をもつのが良いかなあ。
そんなわけでいろいろ書いてみようかと。
もう模型だけではなくなっているのでタイトルもアレなんだけど。

今日は模型誌ライターデビューの経緯を書いてみようかと。
ちょうどお話を頂いたのは病休で休んでた頃、正直ちょっと不安はあったものの何かきっかけがあればと思っていた時期でした。
 浮き沈みが激しいので模型にしてもやってやったぜという気持ちと、自分の模型なんか通用するはずがないというネガティブな感情がありました。

 電ホライターさんのそうたさんから人が足りないんでやってみない?という話があったんですが一度は断ったんですね。
 打診があったアイテムはコトブキヤDスタイル ゴルディマーグをカッチョ良くと。
 Dスタイルを触ったことがなかったので一度は断ったんですがやっぱ人が足りなくて。

 もともとアマチュア時代WFなんかでそうたさんとは縁があってマクロスRも一緒に作例(比率がちょっと気になるが)をやったりとそんな縁で推していただいて、さらにマクロスRのメインモデラーのKUWAさんからも推してもらえたようでそれならということで最終的に引き受けました。

 持ち込みで売り込む方もいると思うのですが自分の場合は長年のイベント活動とそれによって築いてきた人脈でしたね。

 その後は続きで作例を掲載していただき何の仕事がいただけるか非常に楽しみにしています。
 本業の方は相変わらず不安定ですが模型の方で何らかの評価があるというのは嬉しい限りです。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © SKE48と私(わずかに模型). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。